2012年10月25日

占いに関する実話

 今日は休みです。
 いっぱい睡眠をとりました。
 12時間拘束の夜勤が3、4日続いて、全くと言っていいほど睡眠できないこともあります。
 だから、今日は(ああ、いっぱい寝た〜〜。ああ気持ちいい)って感じですHAHAHA

 きっかけがあって学歴についてもいろいろ考えました。
 私は大学を卒業するのに7年かかってます。入ってみたら、すごく地味な学科と分かり、自分にセンスもないことが分かったし、ひらめきだけで進路を決めて失敗したと思いました。親から「卒業する気あるのか!」と言われた時の辛さ、やるせなさ。周囲は要領よく実験してレポート書いて、適当に遊んでちゃんと4年で卒業していきました。仲間作りが上手に見えました。
 一年生の時、ドイツ語の講師が授業中教室にいる数十名に向けて説教したんです。
 「学校が嫌になってやめていく者が必ず出てくるが、この大学に入ったのだから、親のスネかじってでも絶対卒業しろ」

 ところで、占いに関する実話です。 
 もうふた昔前。
 私の母方の実家のこと。
 母方の本家は女系で、何代もの間、婿をとっていました。
 いとこの代になって、やはり一人目が女の子でした。
 いとこと伯母がある占い師を訪ねたところ言われたそうです。
 墓石が北を向いているはずだ、南に向けたほうがいい、少しでも太陽の光が墓石の正面に当たるようにするといい。
 言われた通り、墓石の向きを変えようとしました。ちょっとした工事でした。
 墓石をすっかり南に向けることは無理で、若干しか変えられなかったようですが、二人目、三人目は男の子でした。

 そういう話から、ポピュラーな占い師より、神秘のベールに包まれて尚かつ脇役として渋い占い師は素晴らしいと思うワケです。
 その占い師はその土地にはもういないそうです。

 因みに私の父方は男が多く、墓石は真南に向いています。うちは一姫二太郎。弟夫婦には男の子2人です。
 






 どういう人が縁があって占いという道に入っていくのだろうと思います。
 行動あるのみでしょうか。





 
 
posted by ベージュの財布 at 13:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

天秤座の国

 秋も深まってきましたね。
 食べ物も美味しいし、芸術に触れるにもいい季節。
 私は、朝晩が冷えるのでタンス奥から革ジャンを引っ張り出しました。
 
 さて、人に性格があるように、国にも風土とか文化があります。
 人と折り合いがあったり、あわなかったりの中で、その疑問を解消しようとした時〈性格〉といった内部構造が薄ぼんやりと見えてくることがあります。
 〈あの人は淡白だな〉とか、〈あの人はエネルギッシュだ〉とか、〈表面柔和だが頑固だ〉、〈ひらめきの世界に生きてる〉とか等など。なんでもいいんです。

 私の観察によると、ご飯を一粒残さず綺麗に食べる、或いは、みんなと一緒に食べ終わるとか、その種の食事のマナーが出来てると感じる方に天秤座が多いです。
 天秤座の人は理屈は言いませんが、理屈で行動してます。世間の通念を重んじます。理屈は語られるものではない、行動に表すものだという信念があるかのようです。周囲との調和が基調にあるようです。
 私にはそう見えます。

 天秤座というと私は将棋の羽生善治さん(1970年9月27日生)と野球のイチロ−(1973年10月22日生)をすぐ様思い出します。
 マスコミを前に、インタビューに応える姿は日本男子って感じがします。不要なことは言いません。信念が通ってます。
 画家ジャン=フランソワ・ミレー(1814年10月4日〜1875年1月20日)の作品に『晩鐘』があります。私はこの絵を初めて見た時はまだ十代でしたが、衝撃を受けました。涙が出てきて止まらなかったほどでした。(ただ、これを言ったり書いたりすると「男性で
は珍しいね〜」と言われます^^;)他にも『落穂拾い』『種まく人』等など宗教性の濃い作品が多いですね。
 シャンソン歌手イブ・モンタンとくれば『枯葉』
 ジョン・レノン『イマジン』
 推理作家江戸川乱歩
 最近の人だと堀北真希、浜崎あゆみ、浅田真央。
 『かもめ食堂』はのんびりしたお話でよかったです。出演してる、もたいまさこさんも天秤座でした。

 で、一気に飛躍するのですが、私はこの国について薄ぼんやり感じていて、日本という国は人に例えるなら天秤座の性格だということです。この辺は私の直感からくるものです。
 無責任に言えば、アメリカは獅子座というイメージです。他の国?中国は蟹座?スイスはちょっと・・・テキトウなこと言ってます(^^)

 

 とりとめのない話になりました。 
 太陽は10月23日のAM9:15に蠍座に入ります。













posted by ベージュの財布 at 13:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

今日もこころの旅

 縄文人は弥生文化が入ってきて、どう感じたのだろう?
 たぶん今の私と変わらないでしょ。
 西日本の一部、東北地方北部、北海道の一部の人々は頑なに縄文文化を守ったようですが。(土器がそれを証明してくれてます)
 歴史の勉強は心の理解につながってるように思います。

 難しい話は以上!

 
 昨日レオンの飼い主の方が遠方から来られました。
 私達夫婦は不在、娘が対応しました。ご丁寧にありがとうございました。
 おいていかれた名刺にHPアドレスがあって、早速アクセスしました。
 レオンはそのままの名前で呼ばれていました。
 ますます嬉しくなりました。
 


 
   ↓ レオンが我が家にいた時。ちょっと外出して留守にした後、急いで戻ると、私のスラックスに潜っていました。 

     121007_145419.jpg     










posted by ベージュの財布 at 11:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

しんみり

 子猫の飼い主が、今日夕方引取りに来られました。

 
 10月3日(水)、泣いているところを保護されて、我が家に来ました。
 子猫はレオンと名付けました。
 レオンは声がかすれていたりで衰弱気味でしたが、次第にいっぱい食べるようになったし、甘えてくるし、ダンボール箱をよじ登り、飛び降りる程になり、7日(日)にはすっかり元気になりました。もう、いつ引取りに来られても大丈夫な程でした。
 一週間のお世話と聞いていたので、ウンチの躾はしませんでした。でも、お利口さんでした。
 私が夜勤明けの日は、足元に置いてやり一緒に昼寝もしました。家内が抱いてやると嬉しいらしく、随分甘えた声を出しました。実家の母に見せましたら、よほど可愛いらしく、孫(弟夫婦の小さい子供たち)にも見せてやりたいと言い出したので1日貸したこともありました。皆から可愛がられて、レオンは人気者でした。


 
 引き取られる時、子猫はバケットに入れられましたが、お利口さんであまり鳴きませんでした。
 飼い主の方は川崎がご自宅なのだそうで、発見された近所からは転居した(する?)ようでした。本当にお別れです。
 
 
 
 
 レオンがいなくなった後は、ぽっかり心に空白ができてしまいました。



 でも、飼い主のご家族がブログをやっていると聞きました^^
 私もブログをやってて、記事にしましたと言いました。
 










 



 
posted by ベージュの財布 at 20:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

「僕がやる、僕が」

 長男が卓球の新人戦で見事に地区優勝しました。

 ちいさい頃、少し笑を浮かべて「僕がやる、僕が」が口癖だった。誰が教えたわけでもないのですよ。
 今は卓球部の部長。後期の学級委員に推薦され決まりましたが、卓球の時間が取れなくなるという理由で、あまり気が進まない様子です。







posted by ベージュの財布 at 21:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

市民企画講座 第一回目

 私たちが温めてきた講座『 「生きるヒント」〜寄り添いながら 』が10月4日スタートしました。
 

 第一回目は『マナーは優しさ、おもいやり』と題してマナーや第一印象をよくするにはどうしたらいいかをご講義頂きました。
 講師は、第一印象研究所 代表杉浦永子さんでした。

 第一印象をよくするには表情や態度、話し方が大きんだそうです。言葉(言葉遣い)は少し。
 業績を伸ばしている会社には共通点があって、@返事AあいさつB後始末(整理整頓)ができるということ。
 会話力や雑談力をつけるには多くの人と会うこと、いろんな所に出向くのがいいようです。
 
 ピリッとした立ち居振る舞い、トークは機転の効いて素敵な方でした。

 

 

 
 






  ニュースはオスプレイのことで持ちきりですが・・・・

       
    レオン 下 ↓ 写真は講座とは関係ありません。



  121005_105636.jpg  すやすや 安眠中











     
posted by ベージュの財布 at 11:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

可愛い 可愛い 可愛い〜

 私が旅行から帰ると一匹の子猫がいました。
 聞くと、飼い主が戻るまでの一週間程面倒をみることになったということ。ダンボールに毛布。粉ミルクと哺乳瓶。さしあたって必要なモノは準備されていました。
 小さい。
 片手で掴める大きさ。
 『みゃー』となく声が小さいし、時々かすれ、しばしば声が出ないほど衰弱気味でした。歩いていると時々転びます。
 猫専用の粉ミルクを溶かして飲ませていました。

 今朝、私は猫の鳴く声で目が覚めました。お腹がよほど空いていたようで、奥様がミルクを作って飲ませてやりました。
 名前なんてつけようか、と私が言い出して、結局、私の奥様が『レオン』と名付けました。
 私がレオンを抱え体重を量りました。300gです。
 レオンは物陰とか隅っこが好きのよう。私があぐらをかいていると、股のところまで来て、小さく丸まります。私の体温もあって暖かいんでしょうか。居心地よさげです。レオンは時々ジーンズをガリガリ、ガリガリと引っ掻いたり、噛んだりします。
 ホントにちっちゃい歯です。
 爪はしまえなくて長いまんま。
 レオンは昨日より活発に部屋中を動き回るようになりました。奥様の知人の情報によれば、猫は環境の変化を嫌うよう。また、遊んでやると懐くのも早いらしい。
 今日私夜勤なので、日中は遊び相手になります。
 
 121004_170955.jpg  お腹空いたかな?いっぱい飲んで大きくなってね。
 

  121005_070952.jpg  おもちゃとジャレて遊んでいます
 



 私が足を伸ばしていると、レオンが太ももに乗っかってきて、『みゃー』と鳴きます。
 
 自分の影をみて『これ何だぁ?』と思っています。










 
 
posted by ベージュの財布 at 09:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

一人旅

 10月の勤務表を見たところ、休みが続いていたので、思い切って金沢方面へ行ってきました。


     121002_131346.jpg   能登 白米千枚田





     121002_150225.jpg   能登有料道路途中

     121002_150306.jpg   千里浜IC〜今浜ICまで
         
                  波打ち際を走行できるようになっています。天候により通行止めのケースあり

           
     121002_114304.jpg



     121002_085730.jpg     兼六園
     121002_091847.jpg




     121002_184217.jpg   金沢st
     




     121003_103806.jpg    白川郷(世界遺産)

  
     121003_113348.jpg    展望台からの風景


     121003_103407.jpg      
     121003_103343.jpg  


     121003_111237.jpg   水がとても綺麗。なんと鯉と岩魚が一緒に泳いでいて意外でした。



      


 奥様と子供達に詫びて、1日の夜行バスで出発。
 2日は朝6時過ぎに金沢に到着。
 金沢市内をぶらぶらしました。ひがし茶屋街の後、兼六園を見ていたら天気が良くなってきました。
 金沢城は工事中でした(確かH25年4月まで)。まだ午前中の早い時刻だったので、市内散策ではなく、能登の白米千枚田までドライブすることに変更。能登有料道路途中、千里浜なぎさドライブウェイといって南北8km、波打ち際を走行できる自然のドライブコースになっていました。
 千枚田まで金沢の町中から片道2時間少々。
 この有料道路は平成25年4月1日から全路線無料になるそうです!

 夕方早い時刻に戻りました。滅多にこっちには来ないので、白川郷もついでに見ておこうと決め、もう一泊することにしました。

 白川郷は世界遺産ということもあり、外国人が多かったです。写真などでよく見る合掌造りを実際に見て感激しました。

 丸二日、家を離れた罪悪感。
 お土産いっぱい買いました。



 帰ってきたら、小さいニャンコがいました。


     121004_081705.jpg  ニャンコ

 生まれてまだ間もない様子。
 昨日から一週間くらい預かることになったとのこと。
 ネットで購入した本も届いていました。本は「わもん『聞けば叶う』」
 聞くことについて少し読もうと思います。


 
 
 

  
  (*) どの写真も人が映ってませんが、賑わっていました。本当です。
     千枚田は夜間ライトアップされるイベントがあるらしいので、そちらのHPを参考にしてください







posted by ベージュの財布 at 11:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

交響曲

 駅で同級生にばったり会いました。

 昔の面影が少し残っていた彼は、すぐそばに家族を連れていました。

 しばらく地元を離れて別の土地で暮らしているとのこと。

 懐かしくなって、お互い訛りなんかが出てきました。

 駅構内に交響曲が流れていました。



 当時を思い出して、自分は変わったんだか、変わってないんだか分からなくなりました。








posted by ベージュの財布 at 05:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

ひらめき肌

 職場の研修会の中で、私の作った標語が優秀作に選ばれました。
 大勢の前で読み上げられたのですが、あれ?俺そんなこと書いたっけ?って感じでした。

 インスピレーションはキチンと形にしておかないと忘れます。
 
  
 例えばこんな問題。

 Aの文字20個の列があります。
 2列が一部重なって並んでいます。重なりの長さ2cm。端から端まで10cm。1列は何cmでしょう?
 

                    → 2cm ←
AAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
                AAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
             
   
←                    10cm                     →


 小学3年生の時、算数の教科書に出ていた問題。
 本当の問題はAの文字列ではなくて細長い棒きれなんですが。
 
 こういう問題を代数を使わないで解くんです。約35年前の小学3年生が。
 
 
 私は黒板をジ〜〜〜っと見ていました。全てを焼け焦がすような集中力です。
 岩渕先生は適当時間生徒に考えさせ、誰も答えられないのを見計らい 「そろそろ、答え言うかあ」と言いました。そこで友達の青野君が言いました。「先生、待って。〇〇が考えてるから」〇〇とは私のことです。岩渕先生は私を待ってくれました。私はお礼も言わず、黒板をジ〜〜〜っと見続けました。
 更に2、3分でしょうか。私「解けたぁ」って言いました。岩渕先生はニコニコして私に答えるように促しました。
 私、立ち上がって、ペラペラ〜 ペラペラ〜。
 その後、みんなからもらった拍手喝采は今でも忘れられない。
 でも、そのあとなんですが、今、俺、どうやって解いたっけ?って感じでした。

 ひらめきの原体験です。
 

 

 

 





 

 
 

posted by ベージュの財布 at 18:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。