2013年01月19日

体罰のこと

 体罰のことが、ニュースやワイドショウで報道されています。
 ひとつだけ直ぐ様思い浮かんだことがあります。
 人は自分が普段やっていることを正当化しないと生きていけないということです。
 私は体罰をしたことのある先生一人一人に対して、単なるクセになってないかどうかを調べる必要があると思います。一人の個人の中で、体罰は悪くないという無意識の自己主張、すなわち正当化が日頃のクセになってしまっている可能性は大と私は見ます。
 実は、娘のバレーボール部顧問も体罰で有名でした。聞くところによると、体罰は古くからの習慣のようでした。
 あるとき、部活の試合中、顧問の先生が女生徒にボールを意図的にぶつけました。日数が経ち、その生徒の顔の腫れが大きくなったことから、騒動になりました。部を運営する父兄によって、学校側に伝わる前、中総体直前に緊急の父兄会が企画され、出席を求められましたので私は出向きました。その中で先生の弁がありました。事の顛末の説明があっただけで、父兄に対して謝罪の言葉はありませんでした。
 無事中総体は終わりましたが、時間が経ち、その先生はやっぱり体罰を繰り返しました。

 顧問のスパルタの御陰で、バレー部の選手達は県大会に出場できたわけですが、選手(子供)達はそれを望んでいたでしょうか。いろいろ考えさせられました。
 子供達は子供達なりに助け合って励まし合って部活を全うしたことを知っていましたから、私は県大会でいっぱい拍手を送りました。
 日頃、私に出来たことは、部活での出来事や愚痴を聞いてやることぐらいでした。 


 力が入り過ぎてしまいました。





 
 
 

 


 




 





posted by ベージュの財布 at 03:44| Comment(14) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

渡り鳥

 電車で会社に向かう途中、外を眺めていましたら、U川に白い渡り鳥の群れを発見しました。
 
 もうそんな季節なんですね。
 
 私はふと思い出しました。春に白鳥たちと遊んだことを。

 
   
http://y-hiwa.seesaa.net/article/260017561.html#comment

 

 愚痴をこぼしても解決しませんから、体を壊す前に、私も飛来地を開拓します。
 





 





 

 
posted by ベージュの財布 at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

気付き方は人様々

 しばらく更新のないブログが気になっていましたら、今度は人見知りというメッセージが届きました。

 以前、家族旅行で会津に行ったことを記事にして、旅(旅行という言葉ではないのですが)は世界との繋がり方は人それぞれ自由でいいと気づかせてくれると書いたことがあります。
 振り返ってみると、あれが、自分の原点なのだ。書くことを継続してきて、書くことのなかで自分に気づいたという感触です。

 
 毎年この季節になるとお酒が美味しそうで、ムズムズしてきます。
 確か、これ居酒屋で飲んだ。また飲んでみようと

 
    121028_193848.jpg

 新潟のお酒で越の寒中梅。フルーティーな味わいです。
 会社でアルコールチェックをするようになり、夜遅くまでは飲めなくなってしまいました。


 人見知りの話にもどりますか。「もどす」ではなくて「もどる」んです(笑)。

 私が好きになる人は人見知りの傾向があるかもしれません。
 無意識のうちに、自分に似た人を探しているのかも。









 
posted by ベージュの財布 at 05:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

「蟹工船」

 日本の多くの人は中流の生活をしていると実感していたはずなのに、貧困というメッセージが届いてきました。
 今朝、朝刊広告で「第二の敗戦期」という吉本隆明さんの本が出ていたからです。
 その本は難しそうなので、以前吉本さんが「蟹工船」について書かれていたのを思い出し読んでみたくなりました。

  「蟹工船」は、オホーツク海で蟹を捕り、缶詰に加工する船の出稼ぎ労働者たちが、過労や病気、リンチの絶えない過酷な労働条件に怒り、待遇改善を求めて団結し、ストライキを起こす話でした。
  
 私は私自身の長時間労働、不規則なシフトとダブらせながら読みましたが、もう一つ別の見方もありました。

 私は一度だけネットカフェで寝泊りしたことがあります。
 それまで知らなかった「格差社会」を実感した夜でした。
 物語で述べられている労働条件は目に見えてきますが、「格差」は目に見えにくいものです。
 現場で実感するしかありません。
 自分のことを誰かに気付いて欲しいという声なき声。


 レオンを預かることになった時、レオンの声はすっかりかすれていたことを思い出しました^^
 可哀想もありましたが、可愛いの方が強かった^^









 
 
 











 
posted by ベージュの財布 at 02:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

『恋しているんだもん』

 私は通常は目一杯気を張って、目の前のことに精一杯になり勤め人を演じたり父親を演じたりしています(本当か?)。
 
 ところで、テープレコーダーが映写機のような形をしていた時代がありました。
 あれは私が小学生かもっと小さかったか。
 母の企画で家族の思い出にとみんなの声を録音することになった時のこと。
 準備されたテープレコーダーの最後の方に、女の子の歌声が残っていました。大好きないとこの小さかった頃の声と知り嬉しくなりました。「小指と小指」、「恋しているんだもん」とその箇所だけ、私の耳の奥にずーっと残っていました。

 検索してみると、島倉千代子さんが歌う『恋しているんだもん』という曲でした。

   http://www.youtube.com/watch?v=u6bdpt7D2qQ
 

 
 そのいとことの共通点が随分後になって分かりました。私同様、井上陽水を好きということ。
 
 たまには60年代の曲も楽しんでみて下さい。味がありますよね。

 今夜はこの辺で。

 















  
 
 
 
 
 
 
 
posted by ベージュの財布 at 01:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

とうふ

 なんとなく「とうふ」について調べていました。
 
 いろいろ発見がありました。

 字引的なことはさておき、

 かつおぶしや刻んだネギをトッピングしてしょう油をかけてもいいし、焼いて味噌をつけてもよし、今なら冷奴。

 私個人的には、納豆とうふ。

 とうふは季節を問わないで楽しめる食材だということに気づきました。

 






 
posted by ベージュの財布 at 00:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

もしもフォークを曲げたなら

 いわゆる超能力の話。
 フォークを曲げた人達。
 昔ならユリ・ゲラー、少し前Mrマリック、今daigo
 私も挑戦したりして。
 彼らは一体どういう力を加えているのだろう?
 単なる念力か?掌から磁力でも出しているのか?分からん。
 でも、もし曲がったらどうしよう。万が一曲がってしまったらと思い、百均へ。
 こういうミステリアスなのは、謎が解けてしまったらつまらない気もする。
 いや、もし曲がったら私も芸能人?なんちゃって。



 つまらない独り言でした^^;

 
posted by ベージュの財布 at 07:58| Comment(7) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

血液型考

 時々、血液型について思うことがあります。
 
 いえ、占いを好む私としては時々なのであって、普通の人からすれば多いかもしれません。

 周囲が忙しくなると逆に冷静なるのがAB型。忙しい真ん中がB型。その周囲にO、A、ABがいるって感じがします。
 AB型は司会進行役が上手いです。(これ前にも書いたかな?)
 A型の方に対して私が持つ印象なのですが、自分と他人の領域を一枚壁を張って守ろうとしている印象があります。
 B型はO型をそばに置きたがります。これは私の小学生の頃からの経験則なので自信があります。
 O型はどうでしょう。亡くなった能見正比古さんの本には確か政治家に多いと書いてあったはず。古い情報です^^;

 少々強引ですが単純に割り切ろうとして言っています。現実はそんな単純化出来ませんよ。

 この種のことはきりがないのでこの辺にしておきますが、ある方がAB型だという情報があれば、私は、その方はお話が上手で華やかな方と推測します。私がよっぽどの失礼をしないで、関心をもって話を聴けば心を開いてくれるという思い込みさえ持ちます。ちょっと言い過ぎでしょうか?
 でも、関心を持って話を聴けば、心を開いてくれるって血液型関係ないですね^^;
 

 話がズレましたが^^; 占い専門の方で詳しい方がいらっしゃったら、きっと賛同してもらえると踏んでいるんです(^^)
 
 
 きっと誰もが占いの専門家だと言って、今日はおしまい、おしまい。





 自分で書いて意外な結末が出来上がってしまった。こんなの初めてだ(笑)。

 

 


 
 




 

 
posted by ベージュの財布 at 01:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

ブログの不思議

 これまでブログを継続してきて、ブログには不思議な力があると思うことがあります。
 それは、ブログがきっかけで知り合った方と、実際に会うケースがあるからです。
 住まいがお互い近いということが分かって、今度会いましょうという運びになったことが何度かあります。
 私のブログは、商売をしているわけでもなく、人を勧誘するようなこともありません。ですから、実際に会うことになれば、物凄い必然があるとしか思えません。『引き寄せ』なんて言ったりしますが。

 それから、もう一つあります。
 過去に 『人生が二度あれば』という70年代の陽水の曲名をそのまんま借りて記事のタイトルにして、思いっきり愚痴をこぼしたことがあります。
 その記事に励ましのコメントが届きました。コメントをくださった方は、陽水と同じ九州筑豊の出身で、陽水と同じ高校を卒業したという女性です。現在は僧侶をされています。その方は高校在学中、陽水が座っていたと言われる椅子を使っていたと私に言いました。嘘をついているとは思えず、私にとんでもない凄いことが起こったと吃驚仰天でした。


 ブログを通じて知り合った方々とは、不思議なご縁で結ばれているように思えてなりません。








 
 
 




 
posted by ベージュの財布 at 22:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

占い師

 私は占いに関心があります。
 占いが一人の世界の中で趣味としてあった20代。
 定年を迎えたら占い師になりたいと公言が始まった30代。
 そして今。

 占い師として、当てるということは二番目でいいような気がする。
 それより、生きる希望や、人生の羅針盤、心のビタミンなどなどその種のモノを求める人は多いと思うのです。
 
 光陰矢の如し 少年老い易く学成り難しという諺が浮かんできました。






 今日も見つけてくれてありがとう。
 

 
posted by ベージュの財布 at 01:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

「僕を探して」

 子供達がまだ小さかった頃、かくれんぼの相手をしてやっていた時の思い出です。
 物陰に隠れる一人の子供の「僕を探して」と言う大きな声に私は驚きました。
 かくれんぼという遊びに深みを感じた瞬間でした。それまで私はかくれんぼをこんなふうに考えていました。つまり、隠れる側は鬼に見つからないように隠れる、鬼の側は隠れる者を早く見つけ出すゲームというふうに。
 私が鬼の役なら、早く大勢を見つけ出しそうとしたし、隠れる側なら鬼に捕まらないよう見つけにくいところに隠れました。ところが、自分を探して欲しいという気持ちもあると知りました。 
 表現されたその言葉に広がりとか物語性を感じました。また、私なりに情緒とか感情について考える時の手助けになりました。私はどちらかというと一本気で、白黒はっきりさせないと気が済まないようなところがあります。グレーとして対処することが苦手です。情報処理も苦手です。
 ただ一つだけ、最近合点がいくことを見つけました。私の性質で一つだけ理解できたという感触があります。
 恥ずかしがり屋なくせに目立ちたがり屋という相反する傾向です。
 我が職場にTV局の取材が入った時でした。TVカメラが私の前で回っています。私は一気にスターになった気分で重機の操作。ナルシストっていうんですかねぇHAHAHA(バカ)。ハイテンションではしゃいでいる自分を発見し、可笑しくなってきたのでした。(ついでながら、先日総務部のS君が、私が運転する姿がニュースに映ってたと教えてくれました。)

 
 ええっと(汗)、もうすぐクリスマスですね。













posted by ベージュの財布 at 01:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

成功は偶然?

 自己啓発本には、成功した人の経験談など、しばしば散りばめられています。
 その種の本をマニュアルのように「こうすれば自分も上手くいく」と思って読んでいる時があります。
 私思うのですが、成功って偶然でしょ?

 逆立ちが出来て、ブリッジが出来るならその人は前転の宙返りが出来るはずです。助走をして、思い切って手を着いてクルッと前に回る。ちゃんと着地出来るはずです。思い切ってやることが肝心。怖がると失敗します。あ、けっして実行しないで下さい。ケガをしても私責任取れませんから。
 宙返りが出来る人は、試しにやってみて出来たんです。それだけだと私は思ってます。周囲がそれを見てすごいと思ったりします。でも、近頃私思う。そんなにすごいことかしら?

 成功って偶然。もちろん本人の意思もあるから必然という部分もありますかね。
 何が成功か?何をもって成功とするか?それが大事なことのように思えます。

 社交の下手な、わけのわからないベージュの独り言でした。





  
 



posted by ベージュの財布 at 01:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

雑考「テーマ:正しいとは」

 時々、「正しいってこういうことだ」と思う瞬間があります。
 なんとなくですが、言った内容より、その場にふさわしい言動かどうかの方が大きいように思います。
 大勢でワイワイガヤガヤやっている時は、「正しい」なんてことはほとんど考えません。どうでもいいって感じです。社会の中ですと、こういう場面ではこう振舞うのが普通だという通念があって、それをうっかり外すと取り返すのが大変だったりします。

 突然ですが、(すみません。ベージュの得意「突然」の話です)
 昔「アルプスの少女ハイジ」というアニメで、ハイジがクララのお祖母さんに挨拶をする場面があります。ハイジはロッテンマイヤーさんにチキンと挨拶するよう言われます。そして「おくさま」と言えるように練習します。
 「おくさまおくさまおくさまおくさまおくさまおくさまおくさまおくさまおく・・・・・・・ん、さまおく?」
 そして、クララのおばあさんがお屋敷に到着します。
 おばあさんは、くまのぬいぐるみを来てハイジにいたずらをすっかけます。「ウオー、お前を食べちゃうぞ、ウオ−ッ」ハイジは、お祖母さんが来たとは思わず、お屋敷中逃げ回ります。熊は追いかけます。ハイジ逃げます。クララとチネッテとセバスチャンはその二人を見て笑っています。
 そして二人とも息が切れます。お祖母さんはぬいぐるみを脱ぎます。
 ハイジはおばあさまの顔を見て我に返り、ロッテンマイヤーさんに言われたとおり挨拶しようとして、お辞儀をして言います。
 「こんにちは、さまおく」
 ハイジはその後は「おばあさま」と呼ぶようになります。


 「正しい」ということにこだわって話をしているのですが、昔将棋の番組で故大山15世名人が、羽生善治(当時小学生位)の指しっぷりを評して「正しい手を指している」といっていた事が私には印象的なのです。
 また、もう20年前の社員旅行の晩ご飯で、田口君(実名)が魚を食べて綺麗に骨だけ残っていたのがとても印象的で「正しいってこういうことだ」と思ったものです。先日職場で、新しい装置が導入されたことで打ち合わせがあり、売上に走った言葉に対して、ある女性が一言だけ言い返していたのですが、ここでも正しい言葉を見つけました。

 将棋の羽生、田口君、その女性、共通して皆天秤座なのです。私の占星術観で、勝手に結び付けているのですが、天秤座の人に学ぶことが多いです。










  
posted by ベージュの財布 at 14:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

私の癖

 日毎寒さが厳しくなってきました。
 皆様風邪などひいていませんか。

 私は人の顔をジーッと見る癖があります。
 同性異性関係なし。
 結婚後ですが、家内に言われて気がついたことです。

 誤解されることがあったような、なかったような・・・・・

 どうでもいいことでした(^^;)
  




posted by ベージュの財布 at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

占いが忘れられない理由

 突然の話が続きます。

 昔の話ですみません。

 学食で友人の小見戸君(実名)が膝の不調を言い出しました。彼は私と近い年のわりに落ち着いた雰囲気を持っていました。
 私は凝り性なところがあって、20歳頃から姓名判断と占星術にハマっていました。その一言をヒントに、私はふざけ半分真面目半分で相手の星座を当ててみることを試みました。
 膝を痛めやすいのは山羊座だ、山羊座だなと私は言いました。12分の1の確率ですが、ズバリ当たりました。相手の方が言葉は一枚上手で「おまえ、就職活動なんていらないよ。占い師になるべきだ」と言われてしまいました。

 私と同じ研究室に中谷君(実名)がいました。私は学校がつまらなく、留年を繰り返していて、いつの間にか年下の人と席を並べていたのですが、彼も同じような境遇で、私と彼とは同い年でした。昼休みなど、よくキャッチボールをしたりしていました。
 あるとき彼は私の真向かいで、クロマトという装置で分析していました。私は突然ブルブルっとくるものがありました。(私の知っている誰かと同じ波長だ)と私は感じました。
 数分間ボーッとした後、サークルの先輩で伊藤さん(実名)の顔が浮かんできました。私は先輩の誕生日を知っていました。
 思い切って言ってみたら、366分の1の確率で大当りでした。



 昔の話は以上ですが、その後私は何かに付け、占いに結びつけて人の傾向を見ようとしてきました。真面目半分、ふざけ半分。
 将来恥ずかしがり屋で、変な奴と思われはしないかと、人様の誕生日を当てるような発言は長年控えてきました。が、ブログを始めた頃から、徐々にですが、実生活でも、ブログ上でも表現に抵抗がなくなってきました。ですから、その時がきたらよろしくお願いします(^^)

 ある占術師がブログで紹介していたので、少し前に買った「キロ 手相の書」。手相は脳とつながっていると言われてます。その人の思考や傾向が手相に現れていると考えられてきたのです。


 人生が二度あればと・・・・・

 


       110708_190144.JPG















 




 

posted by ベージュの財布 at 00:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

ふざけっぽ

 人様をくすぐるのが好きです。

 何といっても、姿勢の悪い人をくすぐるのは爽快ですね^^
 
 止められません。








posted by ベージュの財布 at 23:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

単純

 皆さん、どうも。ベージュです。

 ちょっとうれしかったことです。
 前前回の記事で、『満員電車が駅に着いた時、扉付近の乗客がいったん降りてくれると、スムーズに大勢が降りれるのに』と愚痴半分に書いたんでした。その2、3日後、帰りの満員電車で、駅に着いて男の人がサッといったん降りてくれた!(^^)こういう親切な方もいるんですね。


 私は血液型に着目して人を見る癖があります。
 工事現場など、現場で働く方々は必ずヘルメット被ります。そのヘルメットには、通常血液型を記入することになっています。
 様々な現場で血液型を見てきましたが、A型は極端に少ない。ほとんど見たことありません。O型とB型を合わせると90%位で、ワイワイガヤガヤやっている。AB型は自分のペースで、注文を受けるところから、仕事を完成させるまで一人で進めます。人の面倒をみるのも上手いように思います。
 また、どの職場でも(ケンカしてるなあ)と思って血液型に着目すると(A型 VS B型)です。他の組み合わせを見たことないです。
 私は私流に(ウエット義理人情 VS カラッと親分肌)と呼ぶことにしております。
 長くなりそうなので血液型はまたの機会に。因みに私O型です。


 
 三連休ですね。

 


 
 
posted by ベージュの財布 at 03:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

ポジティブであること

 ポジティブでいるとますますポジティブになれるんです。
 自他共に欠点には片目をつむります。
 つむったからとて無くなるわけではないのですが・・・・無理に抑えつけたり、刺激しないという感じ。
 周囲とシンクロしていい関係をつくれそうです

 
 
  
 
posted by ベージュの財布 at 02:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

いい作品とは

 作り手の対極にいる人が作品の良し悪しが分かる。

 大勢が素晴らしいと認める作品には、大勢に認められる工夫がある。腐心がある。

 例えば、ある人が文学作品を読んで(この人の素晴らしさは私にしか分からないだろう)と思うならいい作品だし、いい作り手です。これは私断言します。大勢が(私にしか分からないぞ)と感じたら、その作品は普遍性があるといえます。


 

 

 今日は仙台七夕の前夜祭。打ち上がる花火に大勢が感動することでしょう。


 
posted by ベージュの財布 at 15:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

親の愛

 食事してて「おいしい」っていちいち言語におきかえなくても、(なあんだ、俺感謝してたんだ)って思った。

 強い人、弱い人、男の人、女の人、目立つ人、地味な人 きっとみんなそうなんだ。
posted by ベージュの財布 at 04:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。