2013年01月12日

手順書

 しばらくぶりに分析装置を運転しました。5ヶ月ぶりです。部下というか年の離れた後輩に分析業務を覚えてもらうため、私は別の仕事を任されていました。
 都合でピンチヒッターで私が分析室に入りました。
 私は、公害防止管理者、環境計量士の資格を持っています。他の分析会社にいた期間も含めると15〜
16年の実務経験があります。今の装置で測定できるように、メーカーを呼んだりして分析条件を設定しました。
 GCーMSという装置で最終放流水のジクロロメタンとベンゼンの濃度を測定する段階になって、覚えているか不安になりました。
 が、手順書を読み直しましたら、すっかり思い出しました。その手順書は所々私の字でメモが書き込まれていて手垢がついています。
 
 今回運転してみて、きちんとした手順書があればなんとかなると、あらためて思いました。
 もっと言えば【メモ】はバカに出来ないということです。








posted by ベージュの財布 at 22:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

手垢がついた手順書

とても貴重な存在
でしょうね


ありがとうございます
Posted by ponsun at 2013年01月13日 05:42
なんだかすごいですね!
ベージュさんの職種って?
資格もすごそうです^^
メモは大切ですね。
よく、人が見てもわからないけど、
自分が見たらわかるといいます。
でも、それは書いた直後の話。
プログラムの分野では、
半年たてば自分も他人といわれます。
自分で記述したプログラムですら、
半年たてば、なんのプログラムだったか、
パっとみてわからない^^
メモって馬鹿にできないですね。
数年先のことを考えてメモしなきゃって思いました。
ありがとうございます。
Posted by ひょい! at 2013年01月13日 08:43
ponsunさん

高額の装置ですし、部下より自分の方が長く仕事をしてきたというメンツもあるし^^;HAHAHA
暫くぶりでも、メモさえあれば出来るという自信につながりました。
Posted by ベージュ at 2013年01月13日 09:01
ひょい!さん

今は産業廃棄物の中間処分場にいます。入社してから丸6年経ちます。
職種?掛け持ちです。肉体労働と精密装置で分析と。本来は専門職ですが・・・

>数年先のことを考えてメモしなきゃって思いました。
何か計画がありそう。
ところで、その後、いかがですか?
ありがとうございます。
Posted by ベージュ at 2013年01月13日 09:18
こんちは。(*⌒ー⌒*)ゞ

取り扱い説明書に、自分流のメモがあれば、
鬼に金棒ですよね?
ワシも年一回だけ動かすソフトが、数種類あるんですが、
メモって言うか補足がないと辛いです。
逆に毎日やっているようなのは、他人のメモが邪魔になるって・・・・・
ワシの自分勝手はあきませんね。

激しく賛同します。(^_-)-☆
Posted by 炎クリ at 2013年01月13日 13:00
炎クリさん

こんちは(^O^)
取説の内容は、自分が使う時は自分の言葉に置き換えて理解しますから、やっぱり自分流のメモは必要ですね。うん、鬼に金棒です!

私の場合、毎日やる仕事は、やりやすいようにアレンジしてしまいます。
賛同ありがとうございます
Posted by ベージュ at 2013年01月13日 13:37
ベージュさん、難しいお仕事をされているのですね。
手順書って、やっぱり大事だと思います。
それが自分なりに手直しされたものだとおもっといいですよねー
ベージュさんの書き込みを加えて、新しく作ってしまわれたらいかがですか?
実際使う人が一番よく理解されているのだと思います。
どんなことでも「書く」ということは、大事なことかなって思ってます。
自分で書いたことって、意外と覚えているものですョねー

パソコン、新しくすると、驚くほど速くなるので、私も以前感動したのを思い出しました。
快適になるといいですね^^

Posted by tomato at 2013年01月13日 15:22
tomatoさん

難しいという印象を与えてしまうのが私なんです
^^;決して難しくないです。
>自分で書いたことって、意外と覚えているものですョねー
そうなんです、意外と。脳のどこかに刻み込まれてる。

パソコンは買うのが手っ取り早いのですが、結構費用が><



Posted by ベージュ at 2013年01月13日 15:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。