2013年01月19日

直木賞

 こうやって書き続けているうちに、直木賞を受賞したら・・・・

 故向田邦子さんも受賞した直木賞です・・・・

 何書いてんだか^^



posted by ベージュの財布 at 23:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

体罰のこと

 体罰のことが、ニュースやワイドショウで報道されています。
 ひとつだけ直ぐ様思い浮かんだことがあります。
 人は自分が普段やっていることを正当化しないと生きていけないということです。
 私は体罰をしたことのある先生一人一人に対して、単なるクセになってないかどうかを調べる必要があると思います。一人の個人の中で、体罰は悪くないという無意識の自己主張、すなわち正当化が日頃のクセになってしまっている可能性は大と私は見ます。
 実は、娘のバレーボール部顧問も体罰で有名でした。聞くところによると、体罰は古くからの習慣のようでした。
 あるとき、部活の試合中、顧問の先生が女生徒にボールを意図的にぶつけました。日数が経ち、その生徒の顔の腫れが大きくなったことから、騒動になりました。部を運営する父兄によって、学校側に伝わる前、中総体直前に緊急の父兄会が企画され、出席を求められましたので私は出向きました。その中で先生の弁がありました。事の顛末の説明があっただけで、父兄に対して謝罪の言葉はありませんでした。
 無事中総体は終わりましたが、時間が経ち、その先生はやっぱり体罰を繰り返しました。

 顧問のスパルタの御陰で、バレー部の選手達は県大会に出場できたわけですが、選手(子供)達はそれを望んでいたでしょうか。いろいろ考えさせられました。
 子供達は子供達なりに助け合って励まし合って部活を全うしたことを知っていましたから、私は県大会でいっぱい拍手を送りました。
 日頃、私に出来たことは、部活での出来事や愚痴を聞いてやることぐらいでした。 


 力が入り過ぎてしまいました。





 
 
 

 


 




 





posted by ベージュの財布 at 03:44| Comment(14) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

痒いところに手が届かない

 細かいところに配慮出来る人には一目置きます。私にはマネ出来ません。心から凄いと思います。神経質から、重箱の隅を楊枝でつつくようなところはあるのですが、気配りとか配慮とは違います。配慮出来る人と私とでは、意識の構造が違うんでしょうね〜。
 背中が痒い時、かこうとしても手が届かなくなりました。後ろに手を回そうとするのですが、体が硬くなったせいか、届かなくなりました。年をとるってこういうことなのだと、少しずつ思う機会が増えていきます。
 

posted by ベージュの財布 at 00:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。