2012年05月31日

いろんなことに目を向けなきゃ

 私はほおっておくと、詰将棋やパズルを解いたり、好きなミュージシャンの音楽、好きな作家の書物ばかりになっています。
 凝り性な性分です。それはいいのですが、人との共通点が少なくて困ることがあるのも事実です。いつも(話題、話題。なにかないかな)と探してばかりです^^;


 ところで、いつも使うパソコン。
 インターネットを開くと、IT'S NEW!とか書いてあってニュースの見出しが出てます。
 気になった記事だけでもクリックして詳細を読んだりします。
 
 ここ半年で、少しだけ歴史に関心が出てきました。そのわけは漫画家山岸凉子さんの『日出処の天子』。面白くて繰り返し読んでます。
 大山誠一氏によれば聖徳太子は存在しなかったんだそうです。(え、ウソ?ホント?)
 聖徳太子に関する一番古い記述は日本書紀だそうですが、実在した厩戸皇子(574年〜622年)をモデルに、偶像として作られたのが聖徳太子だとか。こういう謎めいたことを見つけると、私はそれしか見えなくなります。が、そこを我慢して『広く、浅く、いろんなことに目を向けなきゃ』と思うわけです。

 つい最近、朝刊のコラム欄に、「二足のわらじ」の本当の意味が書いてあって、驚きました。
 
 「二足のわらじ」。今では才能の証明ように受け取られているけれども、本来は一人が検察官と弁護士を兼務するような「仕事が相矛盾する場合」(広辞苑)をいったという。後略

 例えば小椋佳さんは若い頃、銀行員と歌手をしていましたが、私はそういうことを言おうとして「二足のわらじ」と表現するのかと思っていましたが、違うんですね〜。

 でも、いろんなことに目を向けているつもりも、向けているようで狭かったりします。
 電車の中や駅のホームで話し声が聴こえてきます。今の若者達の関心事、季節の話題など、これくらい広かったらいいかななんて思います。
 

 
 少しだけ頑張って明るい記事にしたつもりで〜す。\(^^@)/














 
 

 
 
posted by ベージュの財布 at 00:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

たまに、のんびりな平日

 労基署に用事があり、会社を早退させてもらいました。

 昼間の電車は空いていて私は座席に腰掛けました。私の左隣には日本人離れしたショーン・コネリーのような少し体格のいい方。
 JRが地下に入って、ふたつめの駅に着いた時、左隣の方が「Sendai station?(ここは仙台駅ですか?)」と私に尋ねてきました。
私はとりあえず「No」と答えました。なんだ、ホントに外国人かい。仙台駅は次の次。こういう時、なんて言えばいいんだろ?
 私は次の駅まで。
 ショーンはソワソワしていましたから、私は頭の中でいろいろ英単語をつないでは解いてを繰り返しました。
 結局、降りる時「Sendai is next」と伝えました。彼は「Next!」と言いました。ちょっと安心したようでした。

 約束の時間には少し早かったので、ちょっとぶらつきました。コンビニで抹茶ラテを。本当は抹茶とコーヒーがブレンドされたのが欲しかったのですが、なかった^^;
 公園に寄りました。
 樹木の緑や、若者達のランニング姿、子供達が球技をして遊んでいたりするのを見ていました。
 噴水が見えたのでトラックに沿ってそっちに行くと、スケボーの練習をするお兄さん。
 時々雲の切れ間から太陽がのぞきます。
 (虹、写せるかな)と太陽を背にしましてカシャ。
  


     120523_162954.jpg

         ↑

   水のある風景は私好きなんです。気持ちが穏やかになります。
   噴水の中に虹見えますか?


     120523_163518.jpg



 ちょうどいい時間に目的地に到着。
 
 実は私、おととしの12月、仕事中に右足首を骨折したんです。会社内ではちょっとした騒ぎになってしまい、迷惑をかけました。仮にフォークリフトの運転手の周囲確認ミスだとしても。
 順調に回復し、昨年は秋に山に登ったりもしました。
 骨はすっかり元通りになりましたが、筋肉がかたく時々不自由を感じています。割り切れない気持ちがあって、この度、労基署を訪ね保障補償のことを勉強したのでした。
 
 
 
 用事が済んだ後は歩いて帰りました。
 少し汗をかいて、ビールでも飲みたい気分でしたが、買い置きがありませんでした^^;
 冬は鍋とビールですが、夏は冷奴とビール。私の定番。

 
 




 
 
 
 
 
 


    

 
posted by ベージュの財布 at 22:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

金環日食

 朝、電車を降りると光が柔らかかった。
 切れかかっている蛍光灯のような明るさ。
 改札を出て見上げると、太陽の輪郭が右下が切れてて、これが金環日食だと分かりました。子供が専用のメガネで観察してました。
 
posted by ベージュの財布 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

井上陽水氏の映像(徹子の部屋H24.4.5放送)



          



    ファンの皆様、縦横逆になっております。
    お粗末な投稿お許し下さい。

    上:1982年に放送された時のVTR


    下:2012年現在のお二人


    
    120520_092453.jpg   



  
タグ:陽水
posted by ベージュの財布 at 00:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

遠く感じた陽水さん

  仙台は雨でした。

  仕事を終え、一旦帰宅したあと、散歩。

  コンサート会場周辺をブラブラしてました。



    120515_205004.jpg



  出てくる人の群れはやっぱり、50〜60代の方が多かった。

  みんな満足そうでした。そんな表情を見てるだけで、私もハッピーでした。


     120515_211427.jpg
     
 

     120515_211453.jpg    



  周辺が静かになった頃。

  一台のタクシーが出ていきました。4、5人のファンに見送られて。

  暗くて車の中は様子が伺えなかったけれども、すぐそこに陽水さんがいたわけです。

  私が陽水さんに一番近づいた瞬間でしたが、遠くに感じたことも真実でした。

  こういう気持ちはどこかで味わったことがあります。
  
  
  


      

 
タグ:陽水
posted by ベージュの財布 at 23:46| Comment(3) | TrackBack(0) | My favorite | 更新情報をチェックする

井上陽水 来仙

 明日は井上陽水さんのコンサートがあります。
 私は今回は行きません。チケット買わなかった。何度か足を運びいっぱい楽しみましたから。
 
 先月だったかTVで徹子の部屋に出演していて録画しましたよ。はは。
 番組の2日前、陽水氏のホームページにアクセスしてみたら、ちょうどタイミングよく『徹子の部屋』に出演するとお知らせがあったんですよ。はは。
 そこで、ピンときたのは、もし番組内で歌うとすれば『いっそセレナーデ』だということ。黒柳徹子(と久米宏)が司会していた歌番組でランクインすごかったもの。中森明菜や安全地帯に提供した曲と本人が歌う『いっそセレナーデ』、3曲同時にベストテンに入ってたのは今でも覚えてる、ファンになる前だったけれども。
 で、やっぱり番組の中で弾き語りで『いっそセレナーデ』を歌ったんです。
 ここまでくると、ボク、本当に陽水オタクだ。はは。

 そういう、どこからともなくお知らせがあるというのはだいぶ前からです。
 いつだったか、(ああ、そろそろ雑誌に陽水の記事が出る頃だぞ)と、カンが働いて、本屋に駆け込んで、女性誌marie claireをペラペラめくってみたのね。やっぱり陽水氏の記事が載ってたりする。
 ん?自慢話になってる?そうね。

 『新しいラプソディ−』って曲があるんです。一度生で聴いてみたいと思っていて、まだ聴いてない。スカっとする曲なんですが、
you tubeで聴いてみてね。私のブログのタイトルの由来でもあります。はは。
 『少年時代』。陽水の中で一番ポピュラーな曲ですね。小学生の音楽の教科書に、リコーダー用にキーを変えて採用されているようです。
 『傘がない』は1972年に出した曲なんですが歌いだしがすごい。 ♪都会では自殺する若者が増えている 今朝来た新聞の片隅に書いていた
 今、就職難でしょ。当時より時代は厳しくなってると思います。でも、人ごとじゃないです。私もなんとかかんとか生きてる。
 

 もう寝ないと・・・・


 『嘘つきダイヤモンド』。陽水はビートルズとボブディランの影響を強く受けたというから、一度ディランのCDを聴いてみたことがあります。この曲は、ディランの曲をパクって作ったんじゃないかと思ってます。『夕立』は1974年の『二色の独楽』というアルバムに入っている曲で、ビートルズの『Hey Bulldog』にそっくり。
 ついでにいうと、70年代の陽水はカーリーヘアだったんですが、これはミッシェルポルナレフの影響なんです。最近やっと分かった。ウカツ。
 陽水は『海へ来なさい』をコンサートでよく歌うんですが、今回は被災地では歌わないかもなあ。陽水に子供が出来て間もないころに作った曲。

 
 やばい、やばい
 
 
 『氷の世界』。ジャケットにはグラサンをかけてない陽水が写っている。この曲のタイトルをそのまんま借りて記事を書いたことがあります。イントロはハーモニカなんですが、私、ハーモニカの音が苦手で、聴くと背中が寒くなってしまう。
 『アジアの純真』は明日(日付超えたから今日)きっとやってくれると予想してます。当たれ〜っ。
 

 何時間でも書き続けてしまいそうなので強制終了します。
 
 




タグ:陽水
posted by ベージュの財布 at 02:47| Comment(4) | TrackBack(0) | My favorite | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

フォークを曲げた・・・けども



     120505_090932.jpg

 
 皆様、昨日の記事にコメント頂いてありがとうございました。

 レイキのめぐみ。さんからのコメントを熟読して、早速やってみました。結果一応曲がりました。上に曲げたフォークを掲載しました。
 簡単にやったことをまとめますと、次のとおり。
 フォークを握ります。
 親指は柄の部分に当てておいて、時々ギュッと押して曲げることを試みます。
 初めは何も手応えなし。それを繰り返しているうち、あ、曲がるぞと手応えを感じた瞬間がありました。
 そして、パワー全開で一気に。ただし、両手(汗)。
 両手だったら、誰でもできるわ〜〜。はは(汗)
 部活から帰ってきた子供らが曲がったフォークをみて、驚いていました。ふふふ。
 でも、曲がったフォークを両手でまた曲げようとしてもそう簡単に曲がらないです。だから、やっぱり「曲がるぞ」と感じた手応えはあながち間違いではないと思ってます。


 皆の前で披露するのはまだまだかな。











  
posted by ベージュの財布 at 09:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記風 | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

もしもフォークを曲げたなら

 いわゆる超能力の話。
 フォークを曲げた人達。
 昔ならユリ・ゲラー、少し前Mrマリック、今daigo
 私も挑戦したりして。
 彼らは一体どういう力を加えているのだろう?
 単なる念力か?掌から磁力でも出しているのか?分からん。
 でも、もし曲がったらどうしよう。万が一曲がってしまったらと思い、百均へ。
 こういうミステリアスなのは、謎が解けてしまったらつまらない気もする。
 いや、もし曲がったら私も芸能人?なんちゃって。



 つまらない独り言でした^^;

 
posted by ベージュの財布 at 07:58| Comment(7) | TrackBack(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。